リハビリパパのお金のお話

リハビリスタッフのパパが、子育てに奮闘する姿と、投資や節約などお金にまつわる役立つ情報を発信するブログです

リハビリパパのくだらない話。『つみたてNISAの疑問』

今回のお話は、前回好評でした『リハビリパパのくだらない話』の第2回目になります。(第一話はこちら)

 

『リハビリパパのくだらない話』とは、ある日ふとリハビリパパが考え込んだことをまとめた話になります。

 

今回のテーマは『つみたてNISA』についてになります。

 

 

つみたてNISAとは?

つみたてNISAは2018年1月から始まった制度であり、非課税で年間40万円を20年にわたって運用できるものです。

 

投資できる商品は金融庁の審査を経て厳選されたもののため、投資初心者の人にとっても始めやすい制度です。

 

私も妻の口座も含めて使っており、つみたてNISAは投資を知るきっかけを作ってくれたものです。

 

なぜ年間40万円なのか??

ある日、お風呂に入っていて『つみたてNISAが年間40万円なのはなぜなのか?』と、ふと考え込みました。

 

年間40万円だと12ヶ月で割ると、1月当たり33333円となり中途半端な数字ですし、なにより割り切れていませんね。

 

せめて、360000円や480000円など12で割り切れる数字にすると、すっきりするのになぜ40万円なのか。。。

 

謎ではないですか?

 

つみたてNISAが年間40万円の理由

ネットなどで調べてみましたが、明確な答えというものは見つかりませんでした。

 

そこで私なりにその理由を考えてみました。

 

 

つみたてNISAは初心者を投資の世界へ呼び寄せるもの

世界と比べると日本人は投資に限らず、資産運用に取り組んでいる人が少ないそうです。

 

国としては投資人口を増やすために、つみたてNISAをきっかけとして投資に興味・関心を持ってもらうために始めたのではないでしょうか?

 

つみたてNISAは初心者の立場に立って考えたということです。

 

初心者が投資をする上で何を一番心配しているかというと、『損を出す』ということだと思います。

 

つみたてNISAも長期的に見れば有利でしょうが、損を出すタイミングも必ずあります。(事実、私のつみたてNISAは現在マイナスとなっています)

 

ですので、損を出してもできるだけ少額で済むようにと思い、年間40万円という金額になったのではないでしょうか?

 

投資できる金額が多いと、その分損出が出た時の金額と精神的ショックも大きくなり、投資を辞めてしまうかもしれませんからね。

 

もちろん、上限金額が多くても上限いっぱいを使わなくても良いわけですが、『得をする!』と言われると『使い切らなくちゃ!』と思っちゃいますしね。

 

また何年も続ければ投資金額が増えあがりますが、その時には始めたころよりは投資に関する知識が蓄えられているはずなので、投資を辞める選択をすることは少ないでしょう。

 

つみたてNISAはNISAをもとに金額を決めた?

NISA制度は非課税で年間120万円を5年間、株や債券などに投資ができるという制度であり2014年にスタートしました。

 

最初は年間100万円が上限だったみたいですが、2016年から120万円になりました。

 

この120万円を基準につみたてNISAの金額を決めたのでしょう。

 

『120万円の半分だと60万円。60万円だと月5万円か~。初心者には多いから1/3にするか』

 

みたいな感じですかね(笑)

 

それか、NISA制度と名の付くものは3つあるため(NISA・ジュニアNISA・つみたてNISA)投資金額をきれいにそろえるため、それぞれ120万・80万・40万としたのか・・・?

 

いずれにしてもNISAの120万円を基準としたことは間違いないと思います。

 

まとめ

リハビリパパが考えた、つみたてNISAの疑問についてまとめました。

 

考えたところで、なにも得することはないですけどね(笑)

 

なぜかお風呂入っていたら、ふと思いついたんですよね。

 

もっと有益なことを考えるようにしたいですね。

 

おそらくですが、近いうちに年間60万円に上限金額が増えるのではないでしょうか?

 

月33333円はどう考えても中途半端ですからね。

 

以上、第2回リハビリパパのくだらないお話しでした。

 

また次回をお楽しみに~(あるかどうかはわかりませんが。。。)

 

 

リハビリパパ