リハビリパパのお金のお話

リハビリスタッフのパパが、子育てに奮闘する姿と、投資や節約などお金にまつわる役立つ情報を発信するブログです

ポートフォリオ2番目の銘柄決定!やはりあの銘柄です

AT&Tにつぐ米国高配当株ポートフォリオの、2番目の銘柄を決めました。

 

その銘柄に決定した理由をまとめましたので、今回はそのお話しです。

 

 

リハビリパパ投資方針

私の高配当株の投資方針は、

 

・奇数月の第3木曜日に投資(※購入したい銘柄が無ければ買わない)

・500ドルずつ買い付け

ETF:個別銘柄が50:50となるようにする

・連続増配銘柄を中心に投資

・減配・増配停止したら買い付けSTOP(※個別銘柄に限る)

 

となっています。

 

投資方針通りなら今月は何も買わない月ですが、月に1回開催しているvs市場平均を盛り上げるため12月に特別に買い付けを行うと決めていました。

 

ポートフォリオ2番目の銘柄は?

AT&Tにつぐ2番目にポートフォリオに選ばれた銘柄は、

 

アルトリアグループ(MO)

 

になります。

 

AT&Tと同じく高配当株投資家に人気の銘柄ですね。

 

 

アルトリアグループとは?

アルトリアグループは、もともとはフィリップモリス(PM)と同じ会社でした。

 

2008年に米国内事業を行うアルトリアグループと、米国外事業のフィリップモリスに分社化しました。

 

メイン事業は米国内におけるタバコの販売ですが、アルコール類の製造・販売も手掛けています。

 

最近ではカナダの医療用大麻会社であるクロノスグループの株式のうち45%買収するという報道もありました。

 

つまり、タバコ・酒・大麻という、何とも身体にあまりよろしくないものを手掛ける企業となっています。

 

表現を変えれば非常に依存性の強い製品を取り扱っているということですね。

 

アルトリアグループのライバル企業は?

メイン事業であるタバコについてですが、アルトリアグループ以外にも

 

フィリップモリス

・ブリティッシュアメリカンタバコ

・レイノルズ

 

という企業がライバルとなるでしょう。(フィリップモリスは米国外なので直接的なライバルではないですが)

 

この中で、フィリップモリスとブリティッシュアメリカンタバコは高配当株として人気の高い銘柄で、リハビリパパもアルトリアグループを含めた3つのうちどれにするかで迷いました。

 

アルトリアグループを選んだ理由

3つの中からアルトリアグループを選んだ理由を説明します。

 

ブリティッシュアメリカンタバコとの比較

最新の株価と配当利回りについてですが、

 

  株価(12/18) 配当利回り
MO 50.89 6.28%
PM 75.17 6.06%
BTI 32.20

8.22%

 

となっており、ブリティッシュアメリカンタバコの配当利回りは、約8%とという超高配当となっています。

 

これは11月にFDAが米国内のメンソールタバコの販売禁止を検討するというアナウンスにより、株価が暴落した結果このような高配当へとなっています。

 

アルトリアグループも同様に暴落したため、配当利回りが高くなっています。

 

配当利回りではブリティッシュアメリカンタバコが良く、ADR銘柄なので税金面でも優遇、また世界規模での事業展開ということで非常に魅力的ではありますが、増配という面で劣っています。

 

f:id:reha-daddy:20181217221704p:plain

 

見てわかるように、アルトリアグループ、フィリップモリスは連続して増配していますが、ブリティッシュアメリカンタバコはここ数年減配が続いています。

 

ドルベースでは減配していますが、ブリティッシュアメリカンタバコはポンドで配当を出しているので、ポンドベースだと連続して増配しています。

 

とはいえ、配当金を再投資するにはドルで再投資するので、ドルベースで連続増配していないと魅力は感じませんね。

 

フィリップモリスとの比較

フィリップモリスは米国を除く世界中を対象としていることから、米国だけを対象としているアルトリアグループより安心感はあります。(実際先のFDAによるメンソールタバコ規制の報道では株価への影響は2社に比べれば小さかったです)

 

事業内容ではフィリップモリスのほうが好みですが、増配率を比較するとアルトリアグループに魅力を感じてしまします。

 

今年のアルトリアグループの増配率は21%とという、かなり高い数値となっていますからね。

 

まとめ

次に買う銘柄としてアルトリアグループにした理由についてまとめました。

 

フィリップモリスとは最後まで迷いましたが、最後は増配率と現在の配当利回りなどを考慮して決めました。

 

両方買っても良いのですが、できればタバコ銘柄は1つにしたいのでおそらくアルトリアグループだけになると思います。

 

またジョンソンエンドジョンソンとも迷いましたが、騒動が起きて日が浅いということもあるので、次回1月の候補として残すことにしました。

 

さあ、20日の木曜日までどのような株価の動きをするのかドキドキ、わくわくして過ごしたいと思います(笑)

 

 

リハビリパパ