リハビリパパのお金のお話

リハビリスタッフのパパが、子育てに奮闘する姿と、投資や節約などお金にまつわる役立つ情報を発信するブログです

楽天ゴールドカードに切り替えて得する人、損する人

みなさんはクレジットカードはどこのを使っていますか?

 

私は現在楽天カードを使っており、ゴールドカードに切り替えるかどうかを検討しています。

 

今回は、楽天ゴールドカードについてまとめましたのでそのお話しです。

 

 

 

楽天カードにはどんな種類があるのか?

 

楽天が発行しているクレジットカードには、以下のものがあります。

 

楽天カード

楽天ゴールドカード

楽天プレミアムカー

楽天ブラックカード

楽天PINKカード

楽天ANAマイレージカード

楽天カードアカデミー

楽天ビジネスカード

楽天銀行カード

 

年会費無料のカードや、女性向けのカード、学生向けのカードなど多くの種類がありますね。

 

楽天ゴールドカードとは?

では、私が切り替えを検討している楽天ゴールドカードについて、その特徴をまとめました。

 

  楽天カード 楽天ゴールドカード
年会費 無料
ETCカード:540円/月
2000円/年
家族カード:500円/年
ETCカード:無料
ポイント還元率 基本1% 基本1%
SPU還元率 3% 5%
特典 空港ラウンジ年間2回無料
旅行保険 海外:最高2000万円(利用付帯)
国内:なし
海外:最高2000万円(利用付帯)
国内:なし

 

楽天カードとの違いは、年会費・SPU還元率・空港ラウンジ利用についてです。

 

ちなみに、ゴールドカードのワンランク上にプレミアムカードがあり、これは年会費が10000円/年となります。

 

ゴールドカードとの違いは~だけなので、ゴールドカードを選んだ方が得だと思います。

 

年会費

年会費については、年間2160円かかります。

 

リハビリパパの家では妻名義で家族カードを作っています。

 

ゴールドカードへの切り替えを行うと、家族カードも切り替えないと使えないということなので、+540円円余分に年会費がかかってきます。

 

つまり、トータルで2700円/年となるわけです。

 

ETCカードの年会費については無料となりますが、楽天カードでもダイヤモンド会員・プラチナ会員だと翌年の年会費が無料となります。

 

SPU還元率

SPU還元率とは、スーパーポイントアッププログラム(SPU)のことです。

 

これは、楽天市場での買い物の際にある条件を満たすとポイント倍率が上がっていくというものです。

 

その条件として、

 

  達成条件 倍率
楽天会員 楽天会員になる +1
楽天カード 楽天カードを利用して
楽天市場でお買い物
+2
楽天ゴールドカード ゴールド・プレミアムカードを利用して
楽天市場でお買い物
+2
楽天銀行楽天カード 楽天銀行の口座から
楽天カードご利用分を引き落とし
+1
楽天市場アプリ 楽天市場アプリでの
お買い物
+1
楽天証券 月1回500円以上の
ポイント投資
+1
楽天モバイル 通話SIMご利用 +2
楽天TV 楽天TVのNBAなたはパ・リーグSpecilご
加入・契約更新
+1
楽天ブランドアベニュー 月1回以上の
お買い物
+1
楽天ブックス楽天Kobo 月合計2000円以上の
お買い物
+1
楽天トラベル 対象サービス・対象期間の
ご利用
+1
楽天ビューティ 月1回1500円以上の
ご利用
+1

 

があります。

 

ここで注目したいのが、ゴールドカードに切り替えると楽天市場でのポイント倍率が+2倍になるということです。

 

ゴールドカードの年会費が2160円ということなので、

 

楽天市場で年間11万円以上使う(家族カードを申し込む場合は14万円以上)

楽天市場で年間11万円使うと、

楽天カードの場合

 ポイント倍率最低3倍なので、110000×1%×3=3300ポイント

 

楽天ゴールドカードの場合

 ポイント倍率最低5倍なので、110000×1%×5=5500ポイント 

 

差額は2200ポイントなので、年会費2160円分はポイントで取り返せます。

 

という方は、ゴールドカードに切り替えても年会費分はポイントとして取り戻すことができます。

 

リハビリパパの家はアマゾンより楽天派であり、セールの時にまとめて買ったりするので行けそうな気もします。

 

また、楽天市場ではるさと納税をすることができるため私に限らず、他の人も年間11万円はクリアしやすいのではないでしょうか?

 

空港ラウンジ2回利用無料

国内28空港に加え、ホノルル空港、仁川空港の2つの海外空港のラウンジを無料で使えます。

 

ただし、同伴者などは無料ではなく有料となってしまいます。

 

家族カードがあれば、その人は無料で使えるそうですが。

 

ちなみに空港のラウンジとは、特別な待合室と思ってもらえるとよいと思います。

 

フリードリンクがあったり、軽食があったり、飛行機を待ってる間のんびりしてくださいっていう場所です。

 

ゴールドカードドを持っていなくても利用できます(約1000円必要です)が、私は利用したことはないです。

 

そこまで優雅に待たなくてもいいかなぁという人なので(笑)

 

ということで、空港ラウンジ2回無料は重要視していません。

 

楽天ゴールドカードにするデメリット

楽天ゴールドカードに切り替えると次のようなデメリットがあります。

 

年会費

これは、先ほど説明しましたが、年間11万円以上楽天市場で買い物をすれば、ポイントで還元され得をしますが、11万円以上買い物をしなければその分損をしてしまいますね。

 

各種変更手続きの手間

楽天ゴールドカードに切り替えると、今までの楽天カードは使えなくなってしまいます。

 

当然、クレッジトカードで引き落としをしていた光熱費や保険料など、新しいカードで登録しなおさなければなりません。

 

リハビリパパの家は、カード引き落としができるものはすべて登録しているので、最初から登録しなおすと考えると、億劫です。

 

しかも、半年くらい前にクレッジトカードを落としてしまい再発行して登録しなおしたのに・・・。

 

本当に億劫ですね(笑)

 

この手間さえなければ、すぐに切り替えをしてもいいのですけどね。。。

 

まとめ

楽天ゴールドカードについて、メリット・デメリットをまとめてみました。

 

楽天市場をメインに利用している人にとっては、とても優秀なカードではないでしょうか?

 

私も登録変更の手続きの手間を考えても、切り替えをしようと思っています。

 

無事に切替がえができたらまたご報告したいと思います。

 

 

リハビリパパ