リハビリパパのお金のお話

リハビリスタッフのパパが、子育てに奮闘する姿と、投資や節約などお金にまつわる役立つ情報を発信するブログです

衝撃の事実!終身保険の真実とは・・・

リハビリパパは長男の大学費用として、貯蓄性のある生命保険を利用しています。

 

今回その保険の衝撃的事実を知りましたのでお話しします。

 

 生命保険の種類

まずは、生命保険の種類について大きく分けると次の3つに分類することができます。

 

・定期保険

養老保険

終身保険

 

定期保険

いわゆる掛け捨て型の生命保険です。

 

死んだら保険金が下りる定期保険から、働けなくなることへのリスクも備えた収入保障保険などがあります。

 

多くの方がこの掛け捨て型の定期保険に入っているという印象を持っています。

 

私もこの定期保険の中の収入保険に入っており、団体信用生命保険(団信)の代わりとして利用しています。

 

養老保険

養老保険とは、掛け捨ての保険ではなく満期時に死亡保障額と同額の満期金を受け取ることができる保険です。

 

保証を手厚くすると保険金が高くなるため、養老保険は確実に資産形成をするために活用し、他の保険を併用し必要な保障をカバーするとよいと思います。

 

終身保険

終身保険は一生涯保証を受けることができる保険です。

 

保険金の払い込み満了時以降に解約すると返戻金として、払い込んだ保険金以上の金額が戻ってきます。

 

私はこの保険を活用して長男の大学費用にと考えていました。

 

リハビリパパの終身保険を詳しく見てみると・・・

いよいよ本題ですが、私の終身保険の内容として、

 

・保険金額・・・約15000円/月

・払込期間・・・15年

 

という条件です。

 

15年後に解約すると、いくら増えて返ってくるか見てみると

 

約270万円(払込保険金額)約283万円(解約時払戻金)

 

約13万円増えて戻ってくることになっています。

 

こういう表現だと、いまいちわかりにくい気がしますよね。

 

 

そこで年率だとどれくらいなのかと調べたところ、なんと・・・

 

 

 

 

0.6%!?

 

 

・・・、いやいや、そんなわけないでしょ。

 

きっと計算ミスだな!

 

そこで、今度は年率0.6%だとして15000/月を15年間続けたとして計算すると、

 

約283万円

 

 

・・・・・・、計算合ってますね。

 

ちなみに、過去20年間の日本国債のリターンは1.7%だそうです。

 

 

 

・・・どうすんの、この保険。。。

 

まとめ

生命保険について、リハビリパパが実際につみたてている商品を例に、まとめてみました。

 

正直言って、この事実はショックです。

 

ここまでリターンが低いとは思っていませんでした。

 

契約するとき、『最終的にいくら増えるか』ということしか教えてはくれなかったとはいえ、あまりにも金融に関する知識が無さ過ぎたせいですね。

 

情けない。

 

今保険について思うのは、保険と貯金は分けて考えるということが大切だと思います。

 

ぜひ、みなさんは保険に入いるときには気をつけて下さい!

 

私のこの保険をどうするかはまたいつかご報告したいと思います。

 

 

リハビリパパ

 

はぁ~。契約時に戻りてぇ(笑)