リハビリパパのお金のお話

リハビリスタッフのパパが、子育てに奮闘する姿と、投資や節約などお金にまつわる役立つ情報を発信するブログです

ドル転のタイミングはどうする?米国株を買う方法

米国株を買う方法として、日本円のまま買う『円貨決済 』と、ドルに替えてから購入する『外貨決済』の2つの方法があります。
 
私は外貨決済にて米国株を購入しています。
 

円貨決済と外貨決済の比較

 

円貨決済と外貨決済それぞれの特徴を比較してみます。
 

円貨決済

 

手間がかからない
手数料が高い
為替リスクあり
 
円貨決済は日本円のまま米国株を買うことができますので、証券会社に入金してあればすぐに購入することができます。
 
その反面、手数料が高くなります。
 
私が使っているSBI証券では、1ドルあたり25銭の手数料がかかります。
 
為替リスクについては、一定の間隔で、一定の金額分を購入することで円高時には多く、円安時には少なく購入することができるため為替リスクを減らすことができます。
 
 

外貨決済

 

手数料が安い
為替リスクを減らしやすい
手間がかかる
 
外貨決済は、円をドルに替えてから購入するためその分手間がかかります。
 
一方、手数料は円貨決済に比べると安くすみます。
 
 

円貨決済、外貨決済どちらの方がお得か

 

円貨決済と外貨決済の特徴をまとめましたが、どちらがお得かというと『外貨決済』の方がお得になります。
 
SBI証券の場合は、グループ会社のSBIネット銀行を活用することで手数料をかなり安く抑えることができます。
 
手数料は以下のようになります。
 
・通常購入 : 1ドルあたり4銭
・積立購入 : 1ドルあたり2銭
 
積立購入は最低500円から自動積立が可能で、積み立てるタイミングを毎月・毎週・毎日から選ぶことができます。
 
SBIネット銀行で円をドルに替える
SBI証券へドルを振り込む
目的の株を購入する
 
以上の3ステップを踏む必要がありますが、最初は戸惑うかもしれませんが慣れれば数分で済むことです。
 

リハビリパパのドル転タイミング

 

私はSBIネット銀行の積立購入ではなく、通常購入で円をドルに替えております。
 
手数料のことを考えれば当然、積立購入ですがあえて通常購入している理由は、『少しでも投資を楽しみたい』からです。
 
投資は将来に向けての資産形成が目的ですが、今は投資自体が私の趣味になりつつあります。
 
私の行っている、インデックス投資や高配当株投資は、退屈になりがちです。
 
投資は退屈な方がよいとされていますが、せめてドル転だけでも自分の判断・考えでやってみたいと思ったからです。
 
と言っても、テクニカル分析をするわけではなく、なんとなくでドル転をしているんですけどね(笑)
 
 

まとめ

 

円貨決済、外貨決済についてまとめてみました。
 
『円をドルに替える手間が面倒だ!』
 
という方以外は、そこまで大変ではないので外貨決済をおすすめします。
 
ドル転するタイミングについては、神経質にならなくても、リターンへの影響は少ないのではないかなと思います。
 
ただし、JPモルガンが来年以降は数年に渡ってドルが下落するとの予測をしていると発表があったりするため、今は控えた方が良いのかなと思っています。

ドルは「複数年にわたる下落」に向かう、19年下期から-JPモルガン - Bloomberg

 
皆さんの参考になりましたら。
 
 リハビリパパ