リハビリパパのお金のお話

リハビリスタッフのパパが、子育てに奮闘する姿と、投資や節約などお金にまつわる役立つ情報を発信するブログです

配当支払い月はいつか?リハビリパパ注目銘柄で解説

私は米国高配当株でインカムゲインを目的とした投資を行っており、現在はAT&Tとアルトリアグループを保有しています。

 

しかし購入時期が悪かったので、まだ配当を受け取ることができていません。

 

今回のお話しは、楽しみにしている配当がいつ来るのか、リハビリパパ注目銘柄の配当月を調べてみました。

 

 

配当も決算も四半期が主流

米国企業は四半期ごとに決算を発表しており、これは1970年から約50年も続いている制度になります。

 

この決算の時期は株価が変動しやすい時期であり、よく決算の前には株を買うなと言われています。

 

しかし今年トランプ大統領がTwitterで『四半期決算を止める』とツイートし、実際にそのように検討されているそうです。

 

私としては企業の決算を見るのは楽しみなのでできればこのまま四半期決算を続けて欲しいですね。

 

決算と同じく配当も四半期ごとに出す企業が多くなっています。

 

ですので、よく配当利回りが〇%と表記されていることが多いのですが、1度に入ってくる配当金はその1/4になると思っておかないと、実際に金額を見て『少ない!』と思ってしまうので注意しましょう。

 

とはいえ3か月に1回のペースで配当金として収入があると、なんだかうれしい感じがしますね。

 

一方、日本株はホンダやあおぞら銀行などは年4回配当金を出していますが、年2回配当金を出す企業が多く主流となっています。

 

配当金を毎月出すものもある

基本的に年4回の配当金を出す企業・株が多いのですが、毎月配当金を出してくれるものもあります。

 

それは、PFF(iシェアーズ米国数戦株式ETF)です。

 

株価自体の値動きはほぼないですが、配当利回りは5%を超えていることが多く高配当株投資かの中でも人気の商品の一つです。

 

株価の値動きが少なく高配当ということでとても魅力的で、私も購入したい銘柄候補に入れています。

 

しかし、PFFは金融関係のセクターが占める割合が70%ほどあるため、景気に敏感でありリーマン食事には約50%の大暴落をしています。

 

現在も株価は下がっていますので、購入するとしてももう少し後にはなるでしょう。

 

配当月はいつか?リハビリパパ注目銘柄の場合

それでは、私が注目している銘柄の配当月についてまとめてみました。

 

銘柄 配当月   銘柄 配当月
KO 4,7,10,12   PG

2,5,8,11

PEP 1,4,7,10   PM 1,4,7,10
MO 1,4,7,10   BTI 2,5,8,11
JNJ 3,6,9,12   PFE 3,6,9,12
ABBV 2,5,8,11   AMGN 3,6,9,12
NEE 3,6,9,12   SO 3,6,9,12
MSFT 3,6,9,12   APPL 2,5,8,11
MMM 3,6,9,12   CVX 3,6,9,12
XOM 3,6,9,12   VZ 2,5,8,11
T 2,5,8,11   V 3,6,9,12
MCD 3,6,9,12      
VYM 3,6,9,12      
HDV 3,6,9,12      

 


こうしてみると3,6,9,12月に入ってくる配当が多いことがわかります。 

 

反対に2,5,8,11月はABBVをポートフォリオに入れないとAT&Tからの配当金しか受け取ることができず、配当収入が寂しい月となってしまいますね。(表の左側が第一候補です)

 

配当金が支払われる月も考慮してポートフォリオを構成していきというのも楽しそうです。

 

ちなみに、配当金は権利落ち日の前の日までに株を保有していないと受け取ることができません。

 

ざっくりですが、配当金の支払い月の前月に株を保有していればおそらく配当を受け取ることができるでしょう。

 

細かい日付等が気になる方は。こちらのサイトで調べるとわかりやすいです。

 

ティッカーを入力して検索をし、下の方にあるDividend Historyから配当に関する詳しい内容が見れます。

 

英語表記なので、簡単に見方を説明すると

 

Dividend History;配当履歴

Payout Amount:配当金額

Declared Date:配当金発表日

Ex-Div Date:配当金権利落ち日

Record Date:配当金の権利確定日

Pay Date:配当金の支払い開始日

 

となります。

 

Ex-Div Dateに書いてある日付より前には、株を保有していないとだめというわけです。

 

配当金を実際に受け取るのは少し後?

上記の表やサイトでの配当金の支払い開始日はあくまで米国内でのことになるので、私たちが配当金を受け取るのはその少し後になります。

 

具体的には、使っている証券会社によって異なりますが、

 

SBI証券:1~2日

楽天証券、マネックス証券:1週間程度

 

となっています。

 

私はSBI証券を使って米国株を購入しているため、1~2日というほぼタイムラグなしで配当金を受け取ることができます。

 

SBI証券は優秀ですね。

まとめ

米国株の配当支払い月についてまとめてみました。

 

私が初めて配当を受け取るのは、来年1月のアルトリアグループになりそうです。

 

アルトリアグループの株価は購入時より下落しており少し気がかりですが、配当金を受け取ることで少し気持ちが楽になってくれると良いですね。

 

配当が支払われるその日が待ち遠しいですね。

 

また入りましたら報告したいと思います。

 

 

リハビリパパ

 

関連記事です

 

ここに書かれている銘柄からポートフォリオを構成するつもりです。

www.reha-daddy.com

 

 配当月もそうですが、セクター割合も気にしてポートフォリオを構成しないといけないですね。

www.reha-daddy.com